デリケートゾーンの黒ずみ対策!ワセリンって効果はあるの?

waserin

デリケートゾーンの黒ずみにワセリンがパワーを発揮してくれると認識されていますが、ホントだと思いますか?

あたし自身はデリケートゾーンはひとたび黒っぽくなってしまうとなると、諦めてしまうというレベルと考えていました。

ところがどっこい、ワセリンで黒ずんだ部分が解決されるともなれば、チャレンジしたい気持ちもしますね。

少し前から、ワセリンにおいてはビューティーパワーを発揮してくれるというようなわけでも好評です。

私達にしても小鼻の角栓キャッチなんていうのにワセリン活用することでいるのだが、デリケートゾーンの黒ばみと言っても役立つとしておいたら、こりゃまたトライしてみたくなるだろうと思います。

 

デリケートゾーンの黒ずみ部分にワセリンはよいのか?

「ワセリン」といったネーミングをお聞きしても、どうなんだろうかか理解していないという方もいらっしゃると考えられます。

ワセリンは、石油を精製する時にでた老廃物となる「ペトロラタムゼリー」がある内から、ついでに老廃物を取り去ったものになります。

基本的にの原料品が石油というので、人肌に取り扱う状況に反発や思い悩んでいるのかもしれません。

けれど、ワセリンはガソリンや灯油と呼ばれているのはほとんどの異なるものなのです。スキンに取り込んでも違和感はありません。

ですが、過敏肌の方やスキンがセンシティブな方が使用したら、肌の荒れの大元となっているケースもあることで、意識しつつ活用するようにしていただきたいですね。

そのように、デリケートゾーンが黒っぽくなってしまうメインの背景には、

  • こすれなどのストレスなどによって制作された「メラニン」が、色素沈着を引き起こしている
  • 皮膚細胞の復元(新陳代謝)が乗り遅れて、メラニンを放出できない

こちらの2つがあります。

その上、デリケートゾーンにカサつきが見られると、不必要にメラニンが製作されてしまうのみでなく、バリヤ反応のダウンに応じて重荷を負いやすくなるのです。

カサつきは新陳代謝の後れに迄悪影響を及ぼしてしまうこともあるそうです。

そのようなカサつきを予防して貰えるのが、ワセリンということなんです。

ワセリンそのものが、黒ずんだ部分を解除して頂けますと思っているのに対して、デリケートゾーンのバリヤ反応を果たし、メラニンが生成されづらくなると感じると役に立つでしょう。

お肌タイプがキレイに転じると、新陳代謝の増進に迄係わり、お陰で、黒ずみの元メラニンを放出し易くして頂けます。

 

とは言えデリケートゾーンの黒ずみにワセリンはおすすめできない

とは言いましてもデリケートゾーンの黒ずみにワセリンはおすすめできません。

というのワセリンには美白成分が含まれていないからです。

これまで説明してきたようにワセリンで可能なのは、バリヤ反応を高めてメラニン生成をさせないという役割のみです。

美白成分をワセリンは含んでいませんので、黒ずみ回復には時間がかかるでしょう。

なのですぐにでも黒ずみを解消したいのであれば、美白成分を含んだクリームの方がベターです。

例えばイビサクリームなど、美白成分を含んだクリームなら黒ずみ解消が期待できます。

こちらでイビサクリームの体験口コミも紹介していますので、気になる方は参考にしてみてください。

イビサクリームの体験口コミを見る

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です