黒ずみ解消には体の内側と外側からのサポート

33a02441144b7df6db7f15395caa421c_s

お肌が黒ずんでいると自分以上に他人からの視線が気になることがあります。
私の場合には、脇とひざ、ひじの黒ずみが目立っていました。
脇は人に見せる部位ではないので、ノースリーブなどを着用しなければ気にならなくなるのですが、ひじは夏になるとどうしても見えてしまうし、ひざはスカートをはかなくても水着などになる機会の時に見えてしまうので「どうにかしたい」という思いから、ネットなどで情報を収集し自分なりにケアすることにしました。
黒ずみを解消するためには、黒ずみの原因と対策を知ることが重要です。つまり、メラニン色素の生成を抑えて、肌のターンオーバーを整えることが大切になってきます。
ですから、メラニンの生成を促すようなことをやめることにしました。
例えば、紫外線にあたることや服や下着などによる摩擦、ムダ毛処理による炎症などです。
それまで、ぴったりとした下着を身に着けていたのですが少し緩めのサイズに変えて、なるべく摩擦が起こらないように工夫しました。
また、外出する際には必ず、紫外線クリームを塗布するようにしました。
車での移動であっても、紫外線を浴びることには違いないので「外に出るときには塗る」ということを徹底しました。
さらには、ターンオーバーを整える食事も心がけました。
グレープフルーツやアボガド、カボチャなどを積極的に毎日の食事に取り入れていきました。
体の外側と内側からアプローチすることで、一年足らずでかなり黒ずみが解消できました。